こんにちは。
ゆういちです。
ご覧いただきありがとうございます!
今日から「ゆういちの一生」がはじまります。

ゆういちの一生 第0話「ゆういち誕生」

「ゆういち誕生」の前に?

1972年2月21日に仲野雄一が誕生しました。

が、その何年か前…。

僕の父と母が出合いました。
京都に住んでいた父と、香川県に住んでいた母。
どのような出会いだったのでしょうか?

香川県に住んでいる母が京都に旅行に行ったそうです。
そのころ、父は京都でタクシーの運転手をしていました。
京都で母が停めたタクシーの運転手が父でした。

父が母に

京都を案内してやるわ。

と声をかけたことで
お付き合いが始まったそうです。

そして、ゆういち誕生!

そして、

1972年2月21日
4時55分
仲野雄一が誕生しました。

3020グラムのごく普通の男の子でした。

さて、

さすがに、
生まれた時のことは覚えていないので
母に聞いてみようと思います。

母に聞いてみたところ…

あの日は寒かったなぁ。

2時くらいに陣痛がきて、
外では雪がちらちら降っとってな。

3時くらいにお父さんを起こして、
車に乗せてってもらって
病院に行ったらすぐに生まれたわ。

京都の嵐山の病院。
近くに桂川が流れとって
景色が綺麗やったなぁ。

色が白うてな。
もうまっ白け。

小学5年くらいまで、髪切りに行ったら
「女の子ですか」って言われとったなぁ。

一方、父は…

そのとき、父はというと・・・

お父さんは、病院に着いたら
すぐ家に帰ってしもてな。
長いことかかると思ったんかしらんけど。

あんたが生まれた時は、
お父さんは家で寝とったわ。

お父さんは病院に見舞いにも来なくて、
なんでって聞いたら、

「産婦人科は恥ずかしい」
「病院が大通りに面しとるから入れん」

って。

妹の時は見舞いに来たんやけど
なんでって聞いたら

「病院の場所が入り組んどったから来れた。」

やって。

だそうです。

あとがき。

今日はここまでです。
お読みいただきありがとうございました!
また来週をお楽しみに。

感想をいただきました。

この日は、ゆういちの一生の初配信の日であり、
49歳の誕生日の前日でもありました。

YouTubeLiveやLINEのチャットでのご感想や、誕生日のお祝いのメッセージをいただき喜んでいます。
ありがとうございました!

いただいた感想を少しご紹介します。

自分自身が作品。

自分自身が作品で、自分を楽しむってゆーいちさんの想いにめちゃめちゃ共感です。さいこ~

こうやって人を知っていくことって無いのでめっちゃ新鮮でおもろいです~😆

楽しんでもらえてうれしいです。

マシュマロのような…

雪の降る寒い夜、マシュマロのような赤ちゃんが 天使のように(後に怪獣化することは知らずに😁)降りてきた

なんてステキで、ユーモアにあふれた言葉。嬉しいですね。

自分史。

自分史、面白そうですね。
私自身は、3人兄弟の3番目なので、母に聞いても「忘れた。覚えてない」と一言で終わってしまいました😅😅😅
そんなわけで、私自身の自分史は誕生からつまずきそうですが、先生のを見て楽しませてもらいます☺☺☺

読んでくれてありがとう!
覚えてないとは!
実は話すのが照れくさいとかじゃないでしょうか?
あなたの自分史も読んでみたい!
いつか書いたら教えて下さいね。

母から…

また、母親からも連絡が来ました。

父親のセリフは
「京都を案内してやるわ」
という京都弁ではなく、
「京都を案内してあげようか」
と優しかった。

とのことです。
訂正いたします。

ニュアンスは大切ですね。

そして、

その髪型 おかしい どう見てもおばさん。今の私の髪型とそっくり。

とのことでした笑

ではまた!

それでは、次回をお楽しみに!