これまで、「Blocking」「Being Negative」「Wimp」と3つご紹介してきましたが、いかがですか? これらは初心者がやりがちなことを、やりがちな順番に並べてあります。 これらをしなくなってきたら、次は「Cancelling」をし始めます。

「Cancelling」とは?

「Cancelling」は、それまで作り上げてきた全てのことを壊します。 主人公が裏切られるのを観て、観客は一瞬、笑います。 しかし、その後、ストーリーが進まず退屈するという目に合います。 「Cancelling」が起きると、観客はストーリーへの興味をなくします。 何度も繰り返されると、 「またどうせ、なくなるんだろうな。」 と、観客はストーリーへの信頼をなくし、ステージと観客との間に溝ができてしまいます。

「Cancelling」の例

赤ずきんはオオカミを見て走って家に帰った。なにも起こらなかった。

赤ずきんがオオカミに食べられそうになったその時、「はい、カット!」と言って映画監督が現れた。

赤ずきんがオオカミに食べられそうになったが、オオカミの歯は作り物なので柔らかかった。

火をつけたら、雨のシャワーが消す。

野良犬にえさをあげたら、トラックで平らにされる。

「Cancelling」の建設的な使い方

「Cancelling」の建設的な使い方は、シーンを終わらせることです。

ディズニーのプルートの話では、プルートはライオンのオリの中に大きな骨を見つけて、自分の持っている小さな骨を捨てます。 そして、大きな骨を手に入れるために、恐ろしい冒険をします。 しかし、結局最後は、最初の小さな骨に行きつきます。 これはそれまでの話をキャンセルしています。 しかし、最初に戻ったことによって、観客はストーリーが終わったことを理解します。

参考文献:Impro for Storytellers(Keith Johnstone著)