言葉に依存しないこと

言葉は便利なもので
それを勇気を乗せて
使うこともできるし
社交辞令的に使うこともできる

これはキングコングの
西野さんのブログを読んで
思ったんだけど言葉は
タダで使い放題と
言うわけでは「実は」ない

命は有限である
それを逆算すると
見れる景色やできる呼吸
言葉数も決まってくる

これは単純に意思の問題だ

お金は大切にするけれど
それ以外のものを
粗末にすると言うのは
軸が外れている

言葉にある種の勇気
を乗せて表現できたと思えたら

第一歩

それを他者に
フィードバックしてもらえたら

第二歩

そしてどのタイミング
でもいいから
できれば期限付きがいい
その言葉に一致する
行動に起こせたら
すなわちそれが
「正当化」ができたら

第三歩

まだまだちぐはぐ
だと感じる
自分の心も体も

もっと単純なシンプルさ
を限りなく強く要求している