チーミングと言う言葉が
あるそうです
テッドトークを
聞いていた時にみました

目的にふさわしい
チームを組むこと
「即興的に」

どうも私はこの即興という
言葉に惹かれてしまいます

これをするのは
簡単ではありません
国籍も人種も年齢も
性別も価値観も違う
人たちがその場で
能力を認め合い
引っ張り合うこと

結論から入ってしまいますが
これをするにはその場に
リーダーがいる必要があります
そしてそのリーダーは
「答えがないことを
知っていること」

ここから安定感が生まれてくる

正解があることが前提なら

お互いに自分が知らないこと
何も知らないことに対して
他者に気づかれるのを恐れ
率直な思いや疑問を
ぶつけられなくなる

どうしてここまで
即興と言う言葉に
こだわるのか
自分でも不思議です(・_・;

私は人はもっと
自由になれる

瞬間風速的な
エネルギーではなく
その人のライフスタイルとして
恒常的にエネルギッシュに
生きるためには

またそれをすることが
お互いにつながる
チームを組むのに
必要となってくる

閉じてしまう時
つながりを切って
しまうときの
辛さはよく知っている

そこに追い込まれないために
そうならないために
仕組みとして考え方として
何が必要なのか

安易な答えはいらない
あえてここで答えを
「遠回りして」探っています