他人を受け入れる事について

受け入れて
他者を承認し

そしてその人が
変わりたいように
変わっていく
生きたいように
生きていくと言うのが

正しい他者との
関わりであると思う

しかし実際これ
めちゃくちゃ難しいやん!

主導権争いをしたり
いらない駆け引きをしたり
実は問題は相手ではなく
自分にあることに
大いに気がついていたり(・_・;

今まで自分がとても
安定していたのは
本当に大切だと決めた人が
周りにとても少なかったから

関係を最初から作らなきゃ
それは楽です(・_・;

ただ1つの決断で
家族を持つことになって
親になって少なくとも
その背景となる人達を
大切にしようと決めた時から

今まで1人でわがままに
生きてきた分だけ
それがなんと難しいことか

そのために動いている
自分は嫌いでは無いのですが
やっぱりとても無力だな
と思えることの連続です

①自分のことはさて置き
他人にプレゼントすること

②人生を思いっきり遊び
楽しむこと

③つながりや循環の中で
いのちのエネルギーを
火を絶やさないこと

この目標がとてつもなく
遠く感じることがあれば
もしかしたらそこに
少しずつ近づいて
いるんじゃないかと
思える時もあります

ただ現実にはコーチングでも
「基本のキ」と言われる
相手をありのままで受け入れる
ということができない。

自分が言いたい事
伝えたいことがあるのと同じ位
相手もそれがある
自分が大切にしている物が
あるのと同じ位
相手にもそれがあるのだと言う
「当たり前の現実のルール」
をきちんと認めなければ

ここは悩むところじゃなくて
行動としてきちっと変えていく
ところ。できないのでは
なくてやってみるところ
シンプルなこと

あー久しぶりに
ダークなブログに
なってしまった(・_・;
いや、いつもですね(笑)